変わらない強さで、そばにいること。

ランドセルをたいせつにするために
大人しくしていなさい、なんて、本末転倒です。
お子さまには、ランドセルのことなんか気にせずに、
どこへでも行って、何にでも挑戦してほしい。
だからフィットちゃんは
人生の中で特に活動的な6年間に
ずっと安心して使える
耐久性を、大事にしています。

傷がつきにくい。
フィットちゃんこだわりの「クラリーノ®︎」

フィットちゃんの素材は、天然皮革の構造をモデルに開発された人工皮革「クラリーノ®︎」。なかでも傷がつきにくいクラリーノ®︎ タフロック®︎、クラリーノ®︎ レミニカ®︎を、多くのランドセルで採用しています。

どんなに動いても、大丈夫。
10万回の耐久性テスト

日々の登下校でランドセルの重さを支える「背カン」部分。フィットちゃんの「背カン」は、90°に曲げる屈曲試験10万回に耐えられる強さ。6年間、安心して使うことができます。

屈曲試験の様子

屈曲試験の様子

マチ部分の変形を防ぐ。
トリプルガード

ランドセルで一番変形しやすいのが、荷物を入れるポケットのマチ部分。フィットちゃんは背中の補強芯に三方一体強化プレートを縫い合わせることで、マチ部分の変形を防ぎ、しっかりときれいなかたちを保ちます。

トリプルガード
トリプルガード

ランドセルで最も型崩れしやすい、「マチ部分」を三方向から支えるトリプルガード機能を施すことで、外部圧力に対する強さが通常よりも約3.5倍アップし、型崩れを防ぎます。

擦れやすい。なら、強くなければ。
W補強

荷物を出し入れする取出口、力がかかりやすい通し穴、摩擦が多い底面角部。小学生の学校生活をよく知っているから、フィットちゃんは使用頻度が高く、いたみやすい部分を事前に補強。万が一のときの修理も、必要最低限で済みます。

取出口W補強

最も使用頻度が高く、いたみやすい取出口をテープで巻き、その上から縫い込むことで、強度アップを実現しました。

通し穴W補強

ランドセルで一番力のかかるベルト通し穴部分を生地で二重補強することで、引っぱり強度が1.76倍(当社比)になりました。

底面角部W補強

擦れていたみやすいランドセル底面の角部を生地で二重補強することで、生地の擦り切れ防止にこだわりました。

傷みにくい刺繍の秘密

傷みにくい刺繍の秘密

ランドセル側面に施された刺繍は地面、壁、机などに直接触れることで傷む恐れがありますが、フィットちゃんランドセルは以下の「チリ構造」により、刺繍の施された部分が、地面や壁、机などと直接触れないため、傷みにくくなっています。

また、刺繍自体も上糸・下 糸を用いた2重構造でほつれにくくなっています。このような工夫によって刺繍が傷みにくく、6年間安心して使っていただけます。

側面と底部をすり減りから守る「チリ構造」

「チリ構造」

近年は、チリ部分(教科書を入れる大マチ部分と背あて部を縫い合わせて縫合する際の縫い代部分)のないランドセルもみられます。フィットちゃんランドセルは、6年間の耐久性を最優先しており、側面部をナスカン部とチリ部の両部分、底部を錠前のダルマ金具部とチリ部の両部分で支える構造なので、大マチの両側両部及び底辺の摩擦が非常に少なくて済みます。

フィットちゃんの、やくそく

↑Top