背中にぴったり フィットちゃん

150種類50色から選べる2020年度モデル好評受付中

ランドセルトピックス

素材、フィット感、カラー。失敗しないランドセルの「背あて」見極め法。

06-01_10272004606_R

ランドセル選びをするときに、見落としがちな「背あて」。
でも、実は体に直接あたる面積が広い、とっても大切な部分です。
汗によるムレや、直置きした際の汚れにもさらされるので、
「どのような素材でできているか」「お手入れの方法は?」など、
十分考慮する必要があります。

また、体へのフィット感や通気性など、
何を重要視するかでオススメの背あての形状も異なります。
各メーカーが細部のデザインまでこだわっているので、
背あてのデザインも実に多様……。

このように、一口に「背あて」といってもいろんなタイプがありすぎて、
一見して判断しづらいものです。
お子様には、いったいどんな背あてが合っているのでしょうか。
見極める術をご紹介します。

 

お手入れのしやすさやムレにくさは?
素材をチェックしよう

 

まずは、重要な「素材」の選び方を理解しておきましょう。
大きく分けて、天然皮革と人工皮革に分かれますが、それぞれ特徴が異なります。
何を一番重要視するのかで選ぶといいでしょう。

・天然皮革
天然皮革の場合、柔らかくて肌触りの良い「ソフト牛革」が使われることが多いでしょう。
汗がしみ込むことがないよう、はっ水加工がされていることも多いです。

・人工皮革
人工皮革は、はっ水性に優れていて、汚れも簡単に落とせます。
また、水拭きもできるものが多いので、お手入れがラクです。
例えば、「フィットちゃんランドセル」に使われている
「エアーフレッシュ」という独自の素材は、通気性も抜群。
はっ水加工に加え、防汚加工もされています。

 

《牛革×エアーフレッシュ比較実験を見てみよう!》

 

背あての形状はフィット感重視?それとも通気性?

 

次に、背あての「形状」についてもチェックしておきましょう。
形状は、メーカーによってさまざまです。
背中にピッタリつくように作られていることもあれば、
あえて隙間をあけ、空気が通るように作られていることもあります。

 

フィット感重視の背あては体の丸みに合わせた形状

 

フィット感を重視する背あての場合は、
背中の丸みや背骨の形状などに合わせて作られています。
ぴったりとフィットしているほうが、
ランドセル全体が軽く感じるというメリットもあるのです。

 

通気性を重視した背あては、あえて立体的に

 

一方、通気性を重視した場合、あえて立体的なつくりになっています。

例えば、背あての形状を凹凸にすることで、通気性を確保するのです。
普段から汗をたくさんかくお子様の場合は、
背中にランドセルがピッタリはりつくと、不快感があるかもしれません。
通気性を確保されているほうがうれしいですね。

「軽く感じる」という体感を重視するか、「汗などのムレ対策」を重視するか。
実は、それを両立させたものが、「フィットちゃん」の「ウェービータッチ」。
背中の丸みに合わせて外側を高く、内側を低くした形状で、
さらに凹凸形状にすることで通気性を確保しています。

ウェービータッチ

 

内側もオシャレ!カラーやデザインにこだわった背あても人気

最後に、忘れてはいけないのがデザインです。
ランドセルを背負ったら見えなくなる部分だとはいえ、
ずっと背負っているわけではありません。
置いているときにもさまになる、
思わず目を引くようなデザインを選びたいもの。

お気に入りのデザインを選ぶかどうかは、
お子様の満足感を大いに左右します。

例えば、背あてのカラーを、白以外のカラーを選べるケースもあります。
ランドセル本体の色がオーソドックスな色でも、背あての色が違うだけで、
周りと違った印象を与えることができます。

また、フィットちゃんランドセルの、
背あてに「フォーハート」のかわいいステッチが入っているシリーズのように、
ステッチでデザイン性を高めるタイプもとても人気です。

fit213z-cho-bp3

 

いかがだったでしょうか。
実はとても大切な背あて部分。
ぜひ参考にして、お子様とも相談しながら、
快適かつお気に入りのランドセルを選んであげてください。