ランドセルトピックス

リビング?キッチン?子供部屋?部屋別「ランドセル収納」のアイデア

8-8_10186003895_R

ランドセルの購入と同時に考えなければならないのがその収納場所です。
奥行きも幅もあるランドセルの収納場所は実は意外と難しいもの。
ベッドやソファーの上ではなく、
どうせなら毎日きちんと置き場所を決めたいですよね。
最近では子供部屋だけでなく、
リビングやキッチンにお子さまの勉強机を置くご家庭も増えているようです。
リビング、キッチン、子供部屋など、
それぞれの場所の収納で知っておくと役に立つ、
ランドセルの収納アイデアをまとめました。

 

 

 

ランドセル収納アイデア「リビング・キッチン編」

最近ではコミュニケーションを大切にして、
お子さまの勉強机をリビングに置くご家庭も増えているようです。
ここでは、リビングやキッチンにランドセルを収納する際のアイデアを紹介します。

ポイントは「収納の見える化」をうまく利用することです。
収納状態をいつも見えるようにすることで、
片付いている状態、片付いていない状態が一目でわかり、
自然とお子さまの整理整頓の習慣付けを促します。

また見える収納をすることで、大切なものを紛失することを防ぎます。
ほかにも、「収納の見える化」を意識すると、
ちょっとした工夫でランドセルが
リビングやキッチンのおしゃれなインテリアに早変わりします。
兄弟のランドセルを並べたり、
部屋の雰囲気に合わせて専用の棚を用意したりと
バリエーションは広がります。

 

 

 

ランドセル収納アイデア「子供部屋編」

ランドセルを子供部屋に収納する場合のポイントは、
片付けが習慣化できる環境を用意してあげることです。
あらかじめカラーボックスや仕切りかごで定位置を作ってあげましょう。
定位置を作ることで、
忘れ物防止や、整理整頓の習慣付けの効果が期待できます。
カラーボックスを選ぶ際は、
棚の位置が自由に変えられるタイプのものを選択しましょう。
ランドセルや教科書、音楽の楽器や算数の教材セットなど、
小学生の持ち物は実に多彩です。
大きさもバラバラなので棚の大きさをその都度変えることができる
カラーボックスが望ましいです。
教科書をはじめ、ハンカチやティッシュといった小物類は
ファイルボックスや仕切りかごをうまく組み合わせて収納しましょう。
ほかにも勉強机や棚にフックを付けて
ランドセルやサブバックなどを
かけることができるようにしてもよいでしょう。
お子さまのプライベートな空間なので、
成長とともにお子さまが自分で工夫できるよう
上手に後押ししてあげましょう。

 

 

ランドセルが収納をサポート

教科書などの出し入れやちょっと立てかけておくときなど、
意外と難しいのがランドセルのバランスをとること。
従来のランドセルは、ランドセルを平らなところに置くと、
前ポケットにかかる重さを支えきれず、
バランスが崩れ倒れやすくなっていました。
この問題点を解決するために、
フィットちゃんランドセルは錠前の位置を従来より前に移動させ、
前向きにかかる重さを錠前に支えさせることで、
ランドセルを倒れにくくしました。
このおかげで収納場所に置いても倒れず、
教科書などの中身の出し入れも楽になっています。

 

 

 

成長するためのきっかけに

コツはいくつかありますが、
大切なのはランドセルの収納をひとつのきっかけに、
お子さまが成長するための環境を整えてあげること。
さまざまなアイデアを試しながら、
毎日楽しくお子さまの成長を見守っていきましょう。

キーワードで検索する

アクセスランキング

  • ランドセルサイズ「2つの大きさ」どっちにすればいいの?

    ランドセルサイズ「2つの大きさ」どっちにすればいいの?

  • 気になる2018年最新ランドセルカラー人気予測!

    気になる2018年最新ランドセルカラー人気予測!

  • 水色ランドセルで本当にいいの?親御さんのお悩みに答えます

    水色ランドセルで本当にいいの?親御さんのお悩みに答えます

  • 2018年モデルはいつまでに買うべき?お目当てのランドセルを逃さないダンドリ術

    2018年モデルはいつまでに買うべき?お目当てのランドセルを逃さないダンドリ術

  • 男の子のランドセル人気色「シルバー」「ゴールド」に注目!

    男の子のランドセル人気色「シルバー」「ゴールド」に注目!

↑Top