ランドセルトピックス

ランドセル選びは主流の縦型?個性的な横型? それぞれのメリット、デメリット

06-02_10161012149_R

 

お子様が小学校の入学を控えたご家庭にとって
一大イベントの「ランドセル選び」。

カタログを取り寄せたり、
ショールームに行く予定を立てたり、
ママ友同士で話したりと
いろいろな情報が気になりますよね。

最近ではたくさん情報があるので
「何から手をつけていいのか分からない!」
なんて声もよく聞くようになりました。

そんななか、今回は「ランドセル選び」の第一歩!
ランドセルの形にスポットを当てます。

ランドセルは「縦型ランドセル」と「横型ランドセル」の大きく2つに分けることができます。
縦型が主流ではありますが、横型ランドセルを使用するお子様も少数派ながらいらっしゃいます。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

 

横型ランドセルの特徴

縦型と比べて少数派の横型ランドセルですが、
個性的なデザインとたっぷり入る収納力で注目を集めています。

その特徴的なデザインはおしゃれで西洋風の雰囲気を持ち、
集団のなかでも一際目を引きます。

また機能面では、横型ランドセルは縦型と比べて間口が広く、
教科書やノートの出し入れがしやすい点、
A4サイズのプリントやフラットファイルがすっぽり入る点が
大きなメリットで喜ばれています。

個性的なデザインで人気の横型ランドセルですが、
反対にその個性的なデザインがデメリットとなってしまう場合があります。

というのも、学校の教室やランドセルの付属品などのなかには、
規格が主流の縦型ランドセルに合わせて作られているものが多く、
例えば学校のロッカーにうまく入らなかったり、
ランドセルの安全カバーが合わなかったりといった不都合がでてきます。

また、ランドセルが横に大きく、
小さなお子様の背中からはみ出すことがあり、
バランスを取りづらかったり、
引っ掛かったりと安全面で不安な声も聞かれます。

横型ランドセルを使用するお子様はまだまだ少数派です。
主流の縦型に比べると情報を集めるのが難しかったり、
製品自体が少なく、選択肢があまりなかったりといった
デメリットは避けられないのが現状です。

 

縦型ランドセルの特徴

 

ランドセル

一方、横型と比べて縦型ランドセルの大きな特徴は、
背中にフィットして背負いやすい点とデザインやカラーなど
バリエーションが豊富で選択肢の多い点があげられます。

縦型ランドセルは、横型に比べ重心が下にあり、
体に沿って縦長なので、
走り回ったり飛び跳ねたりする
元気いっぱいのお子様が毎日使用するのにとても機能的です。

特に、フィットちゃんランドセルは、
ランドセルに背カンや肩ベルトなど、
随所に体の負担を減らす工夫がされているので、
お子様がより自然に楽な姿勢で背負えると喜ばれています。

デザインやカラーという点では、
縦型ランドセルは種類が豊富で、
ステッチ・刺繍といった細部にもこだわれるので、
お子様ひとりひとりがより満足できる
ラインナップになっているのもうれしいポイントではないでしょうか。

キーワードで検索する

アクセスランキング

  • ランドセルサイズ「2つの大きさ」どっちにすればいいの?

    ランドセルサイズ「2つの大きさ」どっちにすればいいの?

  • 気になる2018年最新ランドセルカラー人気予測!

    気になる2018年最新ランドセルカラー人気予測!

  • 水色ランドセルで本当にいいの?親御さんのお悩みに答えます

    水色ランドセルで本当にいいの?親御さんのお悩みに答えます

  • 2018年モデルはいつまでに買うべき?お目当てのランドセルを逃さないダンドリ術

    2018年モデルはいつまでに買うべき?お目当てのランドセルを逃さないダンドリ術

  • 男の子のランドセル人気色「シルバー」「ゴールド」に注目!

    男の子のランドセル人気色「シルバー」「ゴールド」に注目!

↑Top