【親御さまのお悩みにお答えします】水色のランドセルで本当に大丈夫?

約190種類50色以上から選べる2023年度モデル販売開始

  • 女の子向けランドセル 一覧・販売
  • 男の子向けランドセル 一覧・販売
  • 楽ッションランドセル 一覧・販売
  • 安ピカッランドセル 一覧・販売
  • 展示会情報
  • ショールーム・取扱店情報
  • カタログ・資料請求

フィットちゃんマガジン はじめてのランドセル選びに役立つ情報満載!

【親御さまのお悩みにお答えします】水色のランドセルで本当に大丈夫?

 

お子さんが欲しがっても、親御さんがなかなか踏み出せないランドセルの色に水色があります。

今やカラフルなランドセルが当たり前となってきました。

 

しかし女の子のランドセルの主流ピンクのイメージが強く、実際の購入者が多いのも現状。

そんななか、お子さんの言うことを聞いて、「本当に水色のランドセルを選んで良いのか?」

と、悩んでいる親御さんも多いことでしょう。

 

特に、おじいちゃんおばあちゃんからランドセルをプレゼントしてもらう場合、「そんな色を選んでしまって良いの?」と言われる可能性もあります。

 

今回は、そんな「魅力的だけど、悩める色」である水色のランドセルについて検証していきます。

 

 


 

 

水色のランドセルって

珍しいの?

 

ランドセルはお子さんの著しい成長期を共にする6年間のパートナー

そのため、親御さんとしてはどうしても「無難で、長く使えて飽きない色を選んで欲しい」という気持ちがあると思います。

 

 

■身近な存在で人気の高い水色

水色は年長の女の子のなかで比較的人気が高い色。

水色は、子ども服やステーショナリーグッズ売り場でも目にする機会が多いですよね。

 

ピンクほど甘すぎず、それでいてポップな明るい印象を与える水色。入学後も高学年になるにしたがい、さらに女の子に好まれていく色でもあります。

 

また、デニムカラーが流行や老若男女問わず人気ですよね。幼少のころから、親御さんがお子さんにデニムパンツやスカートを着せていた影響から水色を「身近な色」ととらえ、人気の後押しをしているのかもしれません。

 

ランドセルの定番色ではないとはいえ、水色は「なじみ深い色」であるということがわかります。

 

 


 

 

お子さんの性格を

考えて選ぼう

 

ランドセルの色選びにおいて最も重視することの一つに、もちろん「お子さんの希望」があると思います。

しかし水色のランドセルは使用者数がまだ少ないため、どうしても人目をパッと引く印象があります。

そのため、「親御さんから見たお子さんの性格」も考慮に入れるべきでしょう。

 

 

水色がピッタリなお子さん

●目立つのが好きなタイプ

 

水色を控えたほうが良いお子さん

●目立つことを好まないタイプ

●飽きやすいタイプ

●流行に敏感なタイプ

 

お子さんはどんなタイプですか?

もし控えたほうが良いタイプであってもまずはきちんと話し合いをしましょう。

それでも「どうしても水色がいい!」と言いきる場合は、6年間大事に使うという約束をして、購入するという選択肢もあります。

 

飽きやすいタイプのお子さんだからこそ、時には我慢が必要であり、「約束を守り、最後まで使い通す」ということの大切さを教える機会にもなります。

 

躊躇してしまいがちな水色のランドセル。

しかし購入したことで教育の一環になるという場合があります。

頭ごなしに否定してはいけません。

まずはお子さん本人の意思をしっかり確認したうえで、購入を検討してみて下さい。

 

 


 

 

薄い色は汚れが

目立つのでは?

 

水色は、いわゆるパステルカラー

ふんわりとした明るい印象を与えると同時に、どうしても薄い色であるがゆえに汚れが気になるのでは。

 

しかし、それも使い方次第。

汚れや傷もランドセルとともに過ごした思い出の一つだと思えば、成長を感じられるのではないでしょうか。

また、水色に限らず6年間のなかで全く傷や汚れのつかないランドセルは存在しません。

 

それでも、できるだけ汚れの目立ちにくいランドセルを選んであげたいと思うのが親心。そんな時は、人工皮革素材のランドセルがおすすめです。

 

 

プレミアムフィットちゃんランドセル「ロイヤルローズ」

 

例えば、こちらは傷に強いモデルのランドセルです。

フィットちゃんランドセルに使われているのはクラリーノ素材で、中性洗剤で拭くことができます。

 

お手入れしやすいことがわかっていれば、安心して選ぶことができますね。

また、汚れの気になる色だからこそ、「定期的にお手入れして、大切に使おうね」とお子さんに約束させることもできます。

週末に汚れを落とす癖をつければ、ランドセルも痛みにくいもの。

 

また、お子さんの「ものを大切に使う心」を育くむことができます。

お子さんも、お手入れを続けるごとにランドセルに対する愛着が増し、卒業まで大切に使おうという心が芽生えることでしょう。

 

この記事に関するご質問があればご記入下さい

ご質問はこちらにおねがいします。
ご購入後のお問い合わせは、こちらにて承ります。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。