背中にぴったり フィットちゃん

150種類50色から選べる2020年度モデル好評受付中

ランドセルトピックス

大事に使えば手入れはいらない!?ランドセルの修理事情

6年間毎日使うランドセル。そんなランドセル選びは、
丈夫さを重視する人が多いようです。
でも、万が一壊れてしまったら?
先を見越して、丈夫で傷みにくいランドセルを見極めるポイントとともに、
壊れてしまった際の修理についてご紹介します。

 

ランドセルって手入れが必要?

 

ランドセルはどの程度手入れするものなのでしょうか?
始めは気になっても、意外と手入れしていない人がほとんどでしょう。
実はそれでも大丈夫なのです。

丈夫でしっかりとした造りのランドセルを選べば、通常手入れはほとんど不要。
そのためにも、ランドセル選びは重要です。
実物を見て、触って、丈夫さを見極めましょう。

一番基本となるのは生地。
使用されている生地を必ずチェックしましょう。
ランドセルの多くのブランドで使用されている人工皮革。
人工皮革は天然の革に比べて、軽くてお手入れしやすいのが特徴です。
フィットちゃんランドセルが採用している素材は、天然皮革の構造をモデルに開発した高品質の人工皮革「クラリーノ」。
軽くて丈夫なだけでなく、雨や汚れにも強く、6年間の耐久性も備わっていますので、安心してお使い頂けます。
なお、「クラリーノ」にも、見た目の風合いや傷のつきにくさなど、いくつか種類がありますので、
お好みに応じて、お選びくださいね。

 

無題

クラリーノのような人工皮革の場合は、特に手入れは必要なく、
雨でぬれた場合には、乾いた布で水分を拭き取るくらいです。
汚れが気になる場合は、中性洗剤を薄めた水にタオルを浸して、絞った後に汚れを拭いてください。
その後、真水にタオルを浸して絞った後、洗剤が残らないようにふき取り、
最後に乾拭きをしてください。洗剤が残ってしまうとシミなどの原因になるので注意が必要です。

また、鉛筆の汚れが付いてしまった場合は以下の方法があります。

1.綺麗な消しゴムで優しく消す
2.薄めた中性洗剤で優しく拭く

※油性マジックの汚れは消すことができないのでご注意ください。

素材の他にも、ランドセルの耐久性を見極めるポイントとしては、
型崩れへの強さ、金具の耐久性、擦り切れ、ほつれなどへの強さなどが挙げられます。

 

耐久性を追求したブランド

 

フィットちゃんランドセルは、使用頻度が多く壊れやすい背カン部分を、
なんと10万回の屈曲試験を行って、耐久性をチェックしています。

屈曲試験

毎日重い教科書を入れて動くため、
ランドセルの各部位には大きな負荷がかかるもの。
マチが丈夫で型崩れがしにくい、肩ベルトが切れにくい、
ヘリが二重補強になっていて擦り切れにくいなど、
耐久性を高める加工がしっかりとされているフィットちゃんランドセルは、
安心して6年間使用していただけるでしょう。(詳しくはこちら


もしも壊れてしまったら?

 

では、次は、もしもランドセルが壊れてしまったら、どうすればよいのでしょうか?
おすすめは、購入したお店に持って行くことです。
製造元のメーカーと連絡を取ってもらうと、スムーズに修理ができます。

しかし、最近はインターネットで購入する人も多いでしょう。
その場合は、まずは購入したネットショップに連絡し、
どの部分がどのように壊れてしまったか、
状況を伝えて修理の依頼をしましょう。
状況にもよりますが、修理はだいたい2~3週間で完了することが多いです。

次は、気になる修理費用。
大手メーカーのランドセルであれば、保証書が必ず付いています。
保証期間内であれば、メーカーにもよりますが、
無料で修理してもらえることが多いので、必ず保証書は保管しておきましょう。
なるべく6年間保証されているランドセルを購入するのがおすすめです。
但し、故意に破損した場合、誤った使い方による破損等、
一部の修理は、保証期間内であっても有料になる場合がありますので注意しましょう。
保証内容もランドセルを選ぶポイントの一つかもしれませんね。

フィットちゃんランドセルの場合は、安心の6年間修理保証がついています。
保証書があれば、一部例外を除き、6年間無料で修理いたします。
公式サイト、ショールーム、出張展示会でご購入いただいた方は、
保証書がなくてもご購入履歴のご確認が取れれば、6年間保証いたします。
修理中の貸し出しのランドセルも無料、ランドセルの往復の送料も無料です。
もし、不具合があった場合は、まずは当社のお客様サポートセンターまでお電話ください。
(詳しくはこちら

 

いかがでしたでしょうか?ランドセルの購入前に、修理事情についても理解を深めておくと、
より良いランドセル選びに繋がるのではないでしょうか。